銀杏の炒り方


硬い殻を持った銀杏。

どう調理したら良いか、わからない方が多いのではないでしょうか?

今回は、より簡単で美味しく食べられる、フライパンでの炒り方と電子レンジを使った炒り方を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

フライパンで炒る

銀杏の調理方法で、定番のフライパンでの炒り方です。

火の入れ方の調節ができるので、一手間かけられる方はこちらを方法をお勧めします。

〜準備するもの〜

殻付きの銀杏
くるみ割り機やペンチ
フライパン

まずは、銀杏の殻に割れ目を入れます。

非常に硬いので、くるみ割り機やペンチを使ってください。

次に、フライパンに塩を敷き詰め、中火で塩を温めます。

温まったら、割れ目を入れた銀杏を入れ、弱火で炒ります。

割れ目が広がってきて、殻の中の銀杏が綺麗なヒスイ色になったら完成です。

火をゆっくり入れるので硬くならず、プニッといい食感に仕上がりますよ。

電子レンジでの炒り方

レンジを使えば非常に簡単に、かつ早く食べられますので、面倒くさがりの方に本当にお勧めです。
〜準備するもの〜

殻付きの銀杏
紙が厚目の封筒
セロテープ

まずは、封筒に殻付き銀杏を15個程度入れます。

封筒の口を三回ほど折り、セロテープで止めます。

銀杏を温めると、中で破裂することがあるのでしっかり閉じて、銀杏が飛び出さないようにしましょう。

1分程度温め、ポンポンと殻が割れたら完成です。

まとめ

このように、銀杏は意外と簡単に調理できるんです。

ビールにもよく合う、おつまみになるのでオススメです。

ただ、食べ過ぎは体に良くないので、一回に調理する量を15個程度にしましょう。

食べ過ぎに注意して、簡単に炒り銀杏を作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする