銀杏のレシピ〜揚げ銀杏


秋の味覚の一つである銀杏。

ほろ苦く、モチモチの食感がとてもビールに合います。

銀杏の調理方法といえば、フライパンで炒ったり、茹でるなど、どうしても偏りがちになります。

なので今回は、衣をつけて揚げちゃいます。

いつもの銀杏は飽きたという方に、ちょっと違ったおつまみになるので是非作ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

材料(2人分)

銀杏       18個
小麦粉      大さじ2
片栗粉     大さじ1
水       大さじ2
油        適量
塩        適量

作り方

まずは、銀杏の殻をペンチなど使って取り除きます。

殻を取った銀杏をお湯に入れ、茹でながら薄皮を取り除きます。

茹でならかき混ぜると、薄皮が浮いてきて綺麗に剥けます。

綺麗に皮が剥けた銀杏を爪楊枝などに2、3個ずつ刺します。

小麦粉と片栗粉を合わせ、水で溶き、衣を作ります。

先ほどの銀杏に衣を薄くつけ、揚げていきます。

衣に軽く色がついたら完成です。

お好みで塩、めんつゆにつけて食べると美味しいですよ。

ポイント

衣を薄くつけて、サッと揚げるのがポイントです。

銀杏は火を通し過ぎると固くなってしまい、あのふっくらモチモチ感がなくなっていまいます。

今回の揚げ銀杏の場合は、一度茹でてあるので、揚げ過ぎないよう注意しましょう。

アレンジとして、先に衣に味をつけても美味しいです。

小麦粉と片栗粉を合わせる時に、カレーパウダーや粗挽き胡椒などを加えて、少しピリッとさせても美味しいです。

このレシピはいろいろ試せるので、自分の好みに合わせて何か加えてみるのも楽しいですよ。

いつもの銀杏に飽きてしまった方、普段の銀杏の調理よりも一手間かかりますが、一度作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする